ロシアの個人旅行 Part6 ソチ Water Loo Hotel

ロシア旅行の後編です。
モスクワからソチへUT Airで移動。

ソチに着いたら、オリンピックマークがお出迎え。
d0146792_16551189.jpg


モスクワと全く違う雰囲気!人々も何だか明るいし、フレンドリー。
電車に乗っても、トイレを待ってても、色々な人に声をかけられます。

ソチは黒海沿線の細~い町になります。
電車へ乗ってホテルの最寄の駅まで向かいます
オリンピック期間だったので、aero express(特急)も無料、
有難いです。

私達のホテルはLOO (ロー)駅が最寄だったのですが、
その1つ前の Aqua LOO(アクア ロー)で降りてしまいました。

15分程、歩いても建物が見つかりません。

最初に見つけた人に声をかけました。「ここは(ロー)ですよね?」
おばさん、英語は全く通じません。

そのおばさんが別のおばさんを呼びに行ってくれました。

ロシア語で返って来たのですが、どうやらここは「(ロー)ではなく、
(アクアロー)らしいということが分かりました。

「タクシーを呼んでもらえますか?私達が行きたいのは
このホテルです」と地図と住所が載った紙を見せました。

おばさんもその友達のおばさんも、凄くやさしい方で、
どうやらホテルに電話してくださったようです。
「今、タクシー来るから、ちょっと待ってて。お茶飲みますか?」
と聞いてくださり、涙。。。でした。

20分後くらいでしょうか、ホテルのオーナーが迎えに来て
くださいました。

(内心)良かったタクシーじゃなくて。。。このままホテルに
直行だ!!!

オーナーは温かい言葉で迎えてくださいました。
英語で「あなた達の到着を待ってたんですよ」

英語を聞くだけで心がホーーーーとしました。

昼過ぎの到着予定が、電車を間違えたり、こんな
風に駅を間違えて降りたりしたせいで到着が夜の
20時過ぎになっていました。

ようやくお腹が空いている事に気が付いた私達。

ホテルまでの道中で、オーナーに「私達、晩御飯
食べていないのですがホテルの近くにコンビニとか
食料を買えるところはありますか?」

するとオーナーが「私達のホテルはアクアローにあった
ような大きなホテルではないですが、私達のレストラン
は安いし、本当に美味しいし、夜11時まで空いてる
からお勧めですよ」

「嬉しいです。実は、何でも良かったんです」と返事。
そうなんです、実は全然そのレストランに期待して
いなかったんですが。。。

早速チェックインし、部屋に荷物を置いてから
レストランへ行ってみました。

d0146792_17254988.jpg

本当にシンプルなレストランだなぁ~が第一印象。

メニューはロシア語、英語両方載っています❤

オーナーの息子(中学生か高校生くらいかな)が
ウェートレスさんの通訳をしてくださり、その晩は
ロシアの伝統料理のソリヤンカと黒パン、プリメリ
を頂きました。
d0146792_1732710.jpg

ソリヤンカと黒パン

d0146792_17325699.jpg

プリメリ

d0146792_17331999.jpg

プリメリは小さい餃子のようなもの。

バターとサワークリームを付けて頂きます。

毎食、このレストランで食べたいなぁと思えるくらいでした。

毎朝の朝食が楽しみで楽しみだなぁ❤


↓ このボタンのクリックお願いします 。この旅「ブログ村」に参加しました。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 大阪キタ情報へ
にほんブログ村

↓ フライパンをクリックすると、フルダイニングのホームページへ
d0146792_2554757.jpg





Mattarihonpo+ Web素材
[PR]
by teruterubelly | 2014-04-06 20:00 | 海外旅行 | Comments(0)

うちのCooking


by teruterubelly
プロフィールを見る
画像一覧